蟹のブランドにも色々あります

蟹のブランドにも色々ありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。

蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。

ズワイガニの美味しさを知れば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。

越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、脚のタグを見ればどのブランドかがわかります。

タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。

蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認するのをクセにしてください。

これからの時期、美味しいのが蟹ですが、蟹には色々あって、それぞれ風味や味わいが異なっているため、初めて蟹通販を利用してみたいという方は、色々な蟹を食べ比べてみるのも一興ですね。

私の一番のお勧めとしては、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。

この蟹の特徴としては、身には強い甘みがあり、また蟹ミソも濃厚な味で絶品です。

甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが特徴の一つだといえるでしょう。

蟹通販の利用を検討するにあたり、どうしても疑ってしまうのは、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。

蟹通販を利用したことがなければ、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。

でも、実を言うと、通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。

何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、スーパーなどの店頭に並んでいる蟹と比べても新鮮である確率はかなり高いといえます。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、適当に解凍すると、かにのおいしさは損なわれるので焦らずゆっくり解凍しましょう。

おいしく冷凍かにを調理して食べるために心得ておくべきなのは、冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫に入れて解凍することです。

これを守るだけでもかなり差が出てきます。

ぜひ心がけてください。

美味しいカニを食べるには、店先で入手したり、通販で取り寄せたりするのが普通だと思いますが、これらの方法以外にも、温泉へ行ってしまうというやり方です。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。

ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。

ただし、温泉であればシーズンは関係ありませんが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。

ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。

かににも海水の塩分がついていますので、塩が入っているくらいがベストです。

立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと鍋の後始末も楽です。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

タラバガニを食べ比べすると、おおむねどこでとれてもまあ同じ味という説が有力です。

一方、ズワイガニは国産と外国産の味の差が大きいという声を実に良く聞きます。

そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、ある程度ブランド固有の味があるわけで、このかには産地によって味が違うとすれば、国産と外国産の違いはかなりのものといえます。

これからの季節が美味しい蟹。

さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。

それぞれに味が違い、個人によって好みも色々ありますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、商品を選ぶ前に、蟹の種類ごとの特徴を知ることを忘れないようにしましょう。

蟹の中でも特に多くの人から人気があるものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。

どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にすることを基本として覚えておきましょう。

厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。

かにといえばここと誰もが知る名産地の漁港から、送ってもらえるならそれに越したことはないでしょう。

いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。

悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。

要点は次のようなものです。

産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。

日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。

次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことで、3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。

100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。

同じかになら、もっと安く食べたいなと考えてわからなかった方も多いのはもっともです。

はずれがない方法としては、ご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば確実に安くなります。

交通費と手間はかかりますが、ずっと安く買えるのでおすすめです。

それから、通販の利用も増えています。

北海道のカニ通販でも産地から直接手に入れられ、家にいても安く買えます。