体調が悪くなってしまいます

更年期障害は、一般的には女性の閉経前後に起こる身体的な症状のことです。

女性の体というのは非常にデリケートで、卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンが加齢によって少なくなると、体調が悪くなってしまいます。

つまり、更年期障害とは、女性の閉経によって起こるエストロゲンの分泌が低下することで引き起こされる症状のことなのです。

なお、女性の閉経には自然的な閉経と、人為的な閉経の2種類があります。

日本人の自然閉経の平均は51歳で、40代も中ごろになると徐々に更年期障害の症状がでてくるといわれます。

人為的な閉経とは、何らかの病気などで、両側の卵巣を切除したりすると、当然エストロゲンの分泌は低下してしまいます。

ただし、子宮だけを摘出して、卵巣は残っているような場合では、エストロゲンが通常どおりに分泌されるため、更年期障害は起こりにくいといわれています。

そして、その更年期障害の症状や出方なども、人それぞれによって異なりますから、白井田七の効果に期待する他はありません。

エストロゲンの分泌が低下しても、ほとんど更年期障害らしい症状がまったくでない人もいれば、体を動かせないほどのめまいや体のほてり、頭痛などの重い更年期障害の症状がでる人もいるのです。

一般的にといわれているのは、自然的な閉経を気にする人ほど更年期障害の症状が重くなり、それほど気にしていない人ほど、症状も軽い場合もあります。

人為的な閉経の場合、自然的な閉経とは違って、更年期障害の症状がでると重い人が多いそうです。

その理由は、生殖期に強制的に卵巣を摘出してしまったためで、子宮だけを摘出した場合は、その症状がでないことが多いようですね。

しかし、今では更年期障害もグリーンミルク 青汁などで、かなり軽く抑えられるようになってきています。